アンセルム・セロス@びそう

  • 2010.05.09 Sunday
  • 23:27
遂に昨日無事に終わりました、アンセルム・セロスさんを迎えて行った和食とのマリアージュの会。









たくさんの驚きと笑いと感動をみんなに与えて帰って行ったアンセルム。

今回理解したのは、彼のことを一言で言うと「エソンシエル・本質」の人。彼は何が本当に大事かを知っている人。彼のワインの味は「本質」の味だったんだと。

Ile etait une fois の試飲の時に、誰かがいみじくも「あなたは根気のある、尚かつオプティミストだなあ!」と。

樽に入れたワインを、美味しく変化することだけを信じて、本質の美味さだけが凝縮することを信じて、何年も雨ざらしにして出来たほんのちょっとのワイン。こんな手の掛かること、資金繰りやひょっとして全てぱーになってしまう可能性を考えていたら絶対出来ない。(その分彼のワインは高いというのはちょっとおいといてね)完成品の素晴らしい本質を見据えて、且つちょっとした遊び心も加えて。

私は彼を一生「ヴヴォワイエ」で呼ぶことでしょう。アンセルムが2006年に福岡正信氏を訪れて、慣れない正座で何時間も彼から話を聞いたように、私も彼の前では緊張の連続。10年以来の知り合いなのに・・・。

次回はアヴィーズで!





コメント
お料理も是非お教えください!
  • 板前
  • 2010/05/10 11:41 AM
私も、ワインと和食とのマリアージュがいつも気になっています……。GWは、Aqui Terme〜ALBA〜Pari の旅を楽しんで5日に帰国しました。5月1,2日のALBAは、ワイン祭りの最中で、秋のトリュフ祭りと同じような行列(京都の時代祭りみたいな感じ)や、フラッグドリルのコンテストなどやってました。大好きな La Crotaのmunuは不況のあおりで30ユーロに値下がりしていました。Aqui Termeは、硫黄泉の温泉が楽しめますが、温泉文化 という観点では日本に遠く及びません。この近くのSerravalle Scrivia (ワインで有名なGaviの近く)には、ヨーロッパには珍しい大規模(それでも御殿場の半分くらいかな……)アウトレットがあり、買い物が楽しめます。自分で運転しないとなかなか行けないところなんですが、最近は、ミラノからバスでやって来る日本人も多いそうです。アウトレットモール全体で、日本人が二人働いているそうです。それにしてもアウトレットという場所は、全部同じ雰囲気ですね。ディズニーランドみたいな……。 さて、まだ時差ぼけが抜けてないのに、今週末からスウェーデン出張です。残念ながら、スウェーデンは、楽しみの少ない国ですね〜。
  • ALBA
  • 2010/05/11 4:40 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM